2018.10.19 Friday

平成30年度 第1回エコクッキング講座 開催報告

0


    「エコクッキングでハロウィン!」開催しました。
    ●日時:平成30年10月5日(金)
    ●場所:能美市根上学習センター 調理室(能美市大成町ヌ111)
    ●講師:青海 万里子(石川県地球温暖化防止活動推進員)

     

    保温調理器で省エネ時短!食品ロスを減らそう!
    エコクッキングは、「地球にやさしい食生活」を実践するものです。
    食材の選び方と買い物から、調理方法、あとかたづけ、食品ロス問題まで、環境への負 担を少なくすることを調理実習をしながら学びました。

     

     

    まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」。
    8月に「いしかわ環境フェア」で実施した食品ロスアンケートによると、

    以外にも調味料(ドレッシング、しょうゆ、焼き肉のたれ、ソース、油、酢、砂糖、塩)

    が多かったとか。消費者・事業者の食品ロスの問題を知って、

    その削減のため、できることから始めましょう。

     

    いよいよ調理実習開始です。
    くず野菜の大掃除で在庫一掃料理のポタージュスープを作ります。

    しめじの石づきも底の汚れた部分をのみを切り落として使用します。

     

    電子レンジで時短調理。かぼちゃサラダ。

    かぼちゃのニョッキはおしゃれに仕上げます。

     

    ホットプリン。湯煎後、火から降ろして保温調理器に30分程入れておきます。

    ビーフストロガノフ。さっと煮込んでもそれなりのお味に。

     

    完成です。本日のメニューは・・
    ポタージュ、ビーフストロガノフ、サフランライス、

    かぼちゃのニョッキ、かぼちゃサラダ、なめらかホットプリン

     エコクッキングを実習した感想、食品ロス問題などを話し合いながら、試食です。
    普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。

    ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。

     

    後片付けでは、汚れた食器をボロッシュ(古布)で拭き取ってから、

    廃油石鹸で洗います。今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、

    楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。

    皆様、大変お疲れ様でした。

     

    <参加者の感想>
    〇一週間に一度は冷蔵庫の掃除をしてスープ作りを心がけています。
    〇食材を使い切る、水は流しっぱなしにしないなど生活全般から見直さねばならない。   
    〇エコクッキングは、割と簡単にできるものだなあと思いました。                     
    〇ボロッシュで汚れた食器を拭き取り後、廃油石けん洗剤で洗い物をする。
    〇保温調理器はとても便利だと思いました。
    〇週一回、冷蔵庫の中の物でその日のご飯を作る。(冷蔵庫の中の掃除)
    〇ゴミの極力でない料理。普段は食べないような所まで食べる料理。
    〇蒸し物が苦手と思い込んでましたが、簡単に出来たので家でもやってみようと思いました。
    〇食材をムダにしない料理法を考える。

     

     

     

     

    2017.11.10 Friday

    <平成29年度 第1回エコクッキング講座>開催報告

    0

      「エコクッキング講座」開催しました。
      ●日時:平成29年10月28日(土)
      ●場所:小間生生活改善センター(鳳珠郡能登町字小間生タ部13番地1)
      ●講師:大路 清子(石川県エコクッキングアドバイザー)

       

       

      エコクッキングとは・・。
      ゴミを出さないようにするだけでなく、食材の選び方と買い物から調理方法、
      後片付けまで、環境への負担を少なくする事を、実践しながら学びました。

       

      いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!

       

       

      酢飯の代わりにそばの海苔巻き。そばを木綿糸で束ねて茹で、

      好みの具材を彩りよく載せ、海苔巻きにします。

       

      そばのゆで汁を利用して、旬の野菜と食材やそばの切れ端も入れて、

      具沢山スープを作ります。

       

       

      地産地消。旬の野菜で揚げ浸しを作ります。
      皮は、むかずに調理します。

       

      完成です。本日のメニューは・・・
      そばの海苔巻き、秋野菜の揚げ浸し、そば湯のスープ、小豆のお汁粉

      エコクッキングを実習してみて、気付いたこと、今後出来ることなどを和気あいあいと語り合いながら、試食です。普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。皆様、大変お疲れ様でした。

       

      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

       

      <参加者の感想>
      ○普段、捨ててしまっているゆで汁を利用して、おいしいスープが出来、野菜の皮をむかずに天ぷら。エコは少しの思いで、どれだけでもできるものと再認識しました。
      ○ゆで汁等も大切に使い、自然の恵みを十分いただく。しかも、あまり手間もかからないことが嬉しいことです。
      ○そばののり巻きを初めて食べました。束を糸でしばってゆでる事。しばった部分をスー プの具にするのも、エコですね。
      ○皮やキャベツの軸など、むだなく使い良かったです。
      ○野菜の皮を使っての料理、これから実施します。
      ○そばや豚肉のゆで汁を使用するのにおどろきました。グッドアイデア!!
      ○ふだん捨てている煮汁を利用することや皮付きで食べることを努力しようと思いまし た。お買い物からエコを考えたいと思いました。
      ○料理をする時に、少し意識するだけで、エコになると思いました。
      ○これからも、この企画是非続けて下さいますようお願いします。
      ○できる事からエコについて、環境について実践していきたいと思いました。

       

      2017.01.23 Monday

      「平成28年度 第2回エコクッキング講座」開催報告

      0

        「エコクッキングでXmas!」開催いたしました。


        ●日時:平成28年12月6日(火)
        ●場所:金沢中央市場食育会館6F スタジオDO(金沢市西念4丁目8番1号)
        ●講師:青海 万里子(石川県地球温暖化防止活動推進員)

         

         

        エコ食育のすすめ「キッチンは環境問題の交差点」買い物・調理・後片付けを通して、

        水・ごみ・CO2を減らすポイント等の大変興味深いお話しがありました。

        ティッシュ」ではなく「ボロッシュ」。古着などの切れ端をティッシュたたみにして、

        空き箱につめてウエスとして活用します。

        いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!

         

        タンドリーチキン。 ジッパー付ポリ袋で漬け込んで、オーブンで焼くだけ。

         

        ツリーサラダ。ポテトサラダをベースに星の形にした人参、ブロッコリー、

        ミニトマトなどで飾り付けます。

         

         

        ツリーサラダで残った人参や皮をむいたブロッコリーの芯も使ったポタージュ。
        野菜を軽く炒めてから煮立て、沸騰したら冷やご飯をとろみをつけるために加えます。
        火から下ろし保温調理器に入れ30分、野菜がやわらかくなったらピューレ状にし、味を調えます。

        食パンの耳をカリカリに焼いたクルトンを浮かべて。

         

        残りの食パンで急遽スイーツを作りました。焼いたパンに、米粉と片栗粉で作ったカスタードクリームをのせて、

        フルーツを飾ればタルトに変身!

         

        寿司ケーキ。二色の寿司飯を作り、ラップを敷いた型で押し寿司にし、
        スモークサーモンのお花、錦糸卵、オクラなどで飾り付けます。

        「ダンボールコンポスト」 皆さん興味津々です。次々と質問が出ます。

        全ての料理が完成しました。本日のメニューは・・・
        ・タンドリーチキン
        ・ツリーサラダ
        ・ポタージュ
        ・寿司ケーキ
        ・食パンのタルト

         

        試食をしながらキッチンや食卓からのエコについて考えました。
        皆様、大変お疲れ様でした。是非これからも楽しみながらのエコライフ続けて下さいね!!

           

        <参加者の感想>
        ・ゴミの少なさに驚いた。
        ・冷蔵庫に残っている野菜やブロッコリーの芯などをポタージュに利用できること。すごい!!
        ・保温調理器の保温時間と温度が思ったより高く長く、使ってみたいと思いました。
        ・今日の料理はクリスマスに作ろうと思います。
        ・段ボールコンポストに挑戦したい。
        ・ボロッシュを家庭でもしてみようと思います。
        ・じゃがいもの皮も、ゆでてからむくとゴミが減ると知りました。野菜のスープは作ってみたいです。
        ・友達から教えてもらいボロッシュを利用しています。こんなふうに、人から人へとエコが進んでいけばいいと思います。

        2016.10.25 Tuesday

        「平成28年度 第1回エコクッキング講座」開催報告

        0

          「エコクッキング講座」開催しました。

          ●日時:平成28年10月21日(金)
          ●場所:津幡地域交流センター・津幡公民館(河北郡津幡町字清水リ123番地3)
          ●講師:大路 清子(石川県エコクッキングアドバイザー)

           

           

          エコクッキングとは・・。ゴミを出さないようにするだけでなく、食材の選び方と買い物から調理方法後片付けまで、環境への負担を少なくする事を、学びました。

           

          いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!

           

          地産地消。津幡産のマコモと旬の野菜で揚げ浸しを作ります。

           

          そばの海苔巻き。ごはんの代わりに、木綿糸で束ねて茹でた倶利伽羅そばを使い、

          綺麗な緑色の海苔巻きになりました。

          そば湯のスープ。 そばのゆで汁を使い、野菜の残りや、そばの切れ端も具として入れます。

           

          津幡町名産のおまん小豆と白玉でお汁粉を作りました。

          マコモの薄皮を使って、急遽きんぴらが出来ました。

          完成です。本日のメニューは・・・
          そばの海苔巻き、おまん小豆のお汁粉、そば湯のスープ、秋野菜の揚げ浸し、マコモの皮のきんぴら

           

          エコクッキングを実習してみて、気付いたこと、今後出来ることなどを和気あいあいと語り合いながら、試食です。普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。

          今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。皆様、大変お疲れ様でした。

           

           

          <参加者の感想>
          ・エコクッキングと名前を聞き、どんな料理なのか興味があった。参加してみて調理を工夫する事とわかり勉強になった。
          ・そばを束ねて茹でたのは初めてだった。切れ端もスープの具になり良かった。
          ・ゆで汁をスープに使ったり、料理クズ野菜をスープにする工夫、うす味つけ、と知ったことを家でもしたいと思いました。
          ・まこもの薄皮のきんぴらは香ばしくて、とても美味しかったです。れんこんや人参も皮を取っていましたが、何でも捨てていた自分を反省しました。これからも自分から進んでエコに取り組みたいと思います。
          ・生ゴミが大変少ないと思いました。
          ・今日はじめてエコクッキングに参加しました。大路先生のお話は分かり易く、とても勉強になりました。次回も参加したいです。                                                        

           

           

           

           

          2015.10.21 Wednesday

          「平成27年度 第1回エコクッキング講座」開催報告

          0
            「エコクッキング講座」開催しました。
            ●日時:平成27年10月19日(月)
            ●場所:農村環境改善センター(輪島市里町32字36番地)
            ●講師:大路 清子(石川県エコクッキングアドバイザー)
             
            エコクッキングとは・・。
            ゴミを出さないようにするだけでなく、食材の選び方と買い物から調理方法
            後片付けまで、環境への負担を少なくする事を、学びました。

             
            いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!
             
            地産地消。旬の野菜で揚げ浸しを作ります。
             
             
            金時草の茎は斜めに細く切り、きんぴらにします。しいたけの石づきも細く切り、炒め煮にします。

            金時草のちらし寿司。金時草のゆで汁、絞り汁、昆布、酒、すし酢を入れてご飯を炊きます。
            炊き上がりに、金時草と、金時草茎のきんぴらを混ぜ、寿司飯を作ります。
            うっすらと綺麗な紫色になりました。


             
            豆腐3色だんご。白玉粉・豆腐をよくこねて、カボチャ・抹茶にて色を付け、3色作りました。

            ヤブカンゾウの酢味噌和え。ワケギのような食感です。

            すまし汁で残った金糸瓜とゆで卵で、急遽サラダを作りました。
             
            完成です。本日のメニューは・・・
            金時草のちらし寿司、秋野菜の揚げ浸し、金糸瓜のすまし汁、ヤブカンゾウの酢味噌和え、
            豆腐3食だんご、金糸瓜のサラダ、地元野菜の漬け物
            (参加者の方が持参して下さいました。地元の家庭のお味です)


            エコクッキングを実習してみて、気付いたこと、今後出来ることなどを和気あいあいと語り合いながら、試食です。普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、
            楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。皆様、大変お疲れ様でした。

            <参加者の感想>
            ・来て良かった。おいしくいただきました。
            ・料理は、身近に有るのに・・。大変勉強になりました。
            ・豚肉の煮汁を利用したスープは、初めて気付きました。
            ・金時草のゆで汁でちらしご飯を炊く事!とても美味しくしっとりと、びっくりしました。
            ・捨てていた金時草の茎を使えるとは思いませんでした。
            ・参考になりました。改めてエコに興味もちました。頑張ろうと思います。
            ・機会があればまた参加したいです。