2018.01.31 Wednesday

第4回土曜環境サロンinエコハウス

0

    『冬の日は「ネイチャークラフト」でほっこり♡』開催しました!!
    ●日時:平成30年1月20日(土)くもり時々晴れ。
    ●話題提供:越石あき子(石川県地球温暖化防止活動推進員・自然体験コーディネーター)
     
    日々の暮らしに「自然」足りてますか?!自然とともにHAPPYな暮らし方。
    里山の自然体験とボランティア活動。身近なところから始めてみよう!
    足もとの自然や暮らしの中から、自然とともにあるという事に目を向けて、いしかわエコハウスで、「ネイチャークラフト」を体験してみました。

     

     

     

    まずは、体をほぐして隣の人と仲良くなってみよう。

    楽しく!やってみよう!やってみて、いいね、それ!

     

     

    「もちこ」さんの自然との出会い。スキなこと、もの。こんなことやってます。
                楽しく!話してみよう!話を聞いて、いいね、それ!

     

     

    「ネイチャークラフト」体験

    自然の中や、身近にあるものがこんなに沢山ありました。

     

     

     

    素材選びにも時間をかけます。

    つくるプロセスを楽しんで!無我夢中で取り組みます。

     

     

      

      

     

    それぞれ個性的な作品の完成です。

    やってみて気付いた事、たくさんありましたか?

    身近にある「自然」。チャージ出来ましたか?

    明日からは、近くにあるHAPPYな自然が、昨日までよりもっともっと見えるかもしれませんね!!皆さま大変お疲れ様でした。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


    <参加者より>
    ○楽しいひとときをありがとうございました。童心に帰った様でした。今日は来てよかったなあ!!元気が出ました。明日から家事に頑張ります。又、機会があったら参加させて下さい。
    ○初めて参加させていただいて自然体験について考えることが出来て良かったです。ネイチャークラフトは皆それぞれのアイデアが面白いなと感じました。何気ない枝で面白い作品が作れるので、また自分でも身近なもので作ってみたいと思います。ありがとうございました!

    ○日常、木の実で遊ぶ機会がないので童心に帰ることができました。家に帰ったら、子どもに教 えてあげたい、と思いました。越石さんの言っていた「自然とともにある暮らし」を実践したいと 思います。
    ○いろいろ勉強になるお話しと自然の工作が楽しかったです。子供達は大人以上に創造力豊かに工作を楽しんでいました。ありがとうございました。
    ○今日、土曜環境サロンに参加して、すごく楽しかったです。私はトトロを作って、夏休みの工作に出せるかもなと思いました。みんないい作品を作っていて、すごいなと思いました。また、来たいです。
    ○初めて見学したが、いろんな人と交流して楽しかったです。また体験したいです。木工で作りましたが、難しかったです。
    ○もちこさんの色々を知れて良かったです。自分の好きなこと、子どもに伝えたいことなどを改めて考える機会が持てて良かったです。ネイチャークラフトも自然のものに触れながら、自由な発想で思うままに作れてとても楽しかったです♪子ども達も自然のものやクラフトが 大好きなので、とても楽しんでいました♪親子で集中して、本当に良い時間を過ごすことが できました!!楽しかったデス♪ありがとうございました♡

    ○木に触れあうということや、色々なみんなの作品を見て「思い、気持ち」がいろいろ伝わったり、工夫もそれぞれ違うのがおもしろかったです。今日が初めてだったけど、いろんな人とも触れあえたし、自分の自由にできたし、自然の事について、いっぱい話が聞けたので、良かったです。また来たいです。

     

     

     

     

    2017.12.05 Tuesday

    第3回土曜環境サロンinエコハウス

    0

      『木』の一生を知る「卓上小物づくり」開催しました!!

      ●日時:平成29年11月11日(土)くもり時々雨。
      ●話題提供:東 浩一(石川県地球温暖化防止活動推進員・環境カウンセラー)
       
      私達の身近にあるこの「木」って何歳?!
      昔から、特に日本人は木の家に住み、様々な道具として木を使い、共に暮らして来ました。今回は、すぐそばにある「自然=木」に、とことん注目し、木の一生を通して私達の身近な環境について考えました。
      皆で木の年輪を真剣に数え、成長が止まる冬の場所を見つけたり、四季の場所を考えました。森の役割や間伐の必要性など興味深いお話しとともに、間伐材を使ってリユース、リサイクルを考えた工作にも挑戦しました。

       

       

      「木」の事話してみよう。

      もっとも大切に思う木のはたらきアンケート結果発表!

      間伐材で卓上小物を作ってみよう!

      サンドペーパーで木を磨くのは結構大変です。

       

      大人は童心にかえり、子供は自由に楽しんでます。

      ドリルで様々に穴をあけます。

      ペン立てや一輪挿しなど、個性的な作品の完成です。皆さま大変お疲れ様でした。

      ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

       

      <参加者より>
       ・いつもケチケチ精神でやっているのですが、改めてエコについて考えさせられました。
       ・今日は土曜環境サロンに初めてきました。小物を作り、皆さんと楽しくできて良かった!また来たいです。
       ・エコの生活が私のモットー。木のぬくもり本当に有りますね。孫のおみやげ出来ました。動植物のシールも貼り、どれだけ名前が言えるかも楽しみです。
       ・学習と体験のバランスがたいへん良い構成でした。いろいろ学習することが出来ました。木についてリサイクルを構築させるための働きかけを進めたく思います。
       ・木の大切さが、よく判りました。最近の異常気象は身にしみて困ってます。これからは、木を大切にします。ありがとうございました。
       ・子ども達が自分で作る楽しさを味わうことができてよかったです。木の色々について学べたのでよかったです。
       ・たいへん楽しかったです。何十年ぶりかに工作をさせて頂きありがとうございました。日頃、知らないお話も聞けておもしろかったです。
       ・林業の直面する困難さが少しわかったような気がしました。
       ・間伐材の端でミニ小物作り楽しかった。木の端のところ、チップとして小松の会社の方でエネルギーとして使っているところ、エコだと思う。

       

       

      2017.08.30 Wednesday

      第2回土曜環境サロンinエコハウス

      0

        「この夏はソーラークッキングに挑戦!inエコハウス」開催しました!!

        ●日時:平成29年8月5日(土)快晴。
        ●話題提供:中村 早苗(石川県地球温暖化防止活動推進員・環境カウンセラー)

         

        「Myソーラークッカー」作り&太陽光でクッキング実習
         災害時やアウトドアにも活用が期待される、自分だけの「ソーラークッカー」を、身近な材料で作成しました。作成した「Myソーラークッカー」や大型ソーラークッカーを使い、太陽光での調理体験にも挑戦しました。

         

         

        ダンボール板で「Myソーラークッカー」作りスタートです。

         
        切り込みを入れて、アルミホイルを貼り、形成して行きます。


        今日は「Myソーラークッカー」で、ホットサンドを作ります。

         
        タッパに具材を入れ黒ホイルで包み、さらにオーブンバッグに入れて

        「Myソー ラークッカー」にセット。


        「サンオーブン」には、夏野菜とトマト、ベーコン、

        コンソメスープを入れた鍋をセット。


        「かるぴか」には、米と野菜を入れ、味付けした鍋をセット。


        大型の「手作りソーラークッカー」にはバケットのスライスをセット。

         
        お天気は快晴のソーラークッキング日和。それぞれをエコハウスの庭にスンバイ。
        ソーラークッキング開始です。

         


        お料理の仕上がりを待つ間、地球温暖化が深刻な2100年の地球のお話しを聞き、

        未来の地球と私たちの暮らしについて、皆で考えました。

         


        さて、お料理の完成です!今日のメニューは、夏野菜たっぷりラタトゥイユ、

        具だくさんの炊き込みご飯、ホットサンドです。

        皆でソーラークッキングについて話しながら試食。話が尽きません。ご飯ほくほく、チーズはとろっとろに仕上がりました。皆さん大満足のようでした。「Myソーラークッカー」では、ゆで卵やミートローフ、かぼちゃの煮つけなど、まだまだ色々と作れるそうです。今回は盛沢山の内容でした。参加者の皆さま大変お疲れ様でした。
        是非、お家でも「Myソーラークッカー」で、様々なお料理に挑戦してみて下さいね!!


        ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
        <参加者より>
        ・地球温暖化の影響の大きさにビックリしました。2100年に
        人が生きているのだろうかと思い ました。人が生きていくのも大変だけど、動物や植物はそれこそ何もしていないのに被害者 だと思います。でもここまで暑くなるとエアコンも使わずにいられなくなっています。みんなが自分のことだけでなく周りの人のことを考えられる様になれたらと思います。ソーラークッカは、いざというときも大活躍しそうてです。


        ・とても楽しく地球温暖化について学ぶ事ができました。制作したソーラークッカーでもチーズ もトロリととけていてびっくり。この暑さ 閉口していましたがソーラークッキングにはピッタリ。 早速、作ってみたいです。


        ・ソーラー料理をさせてもらって大変勉強させてもらいました。 帰ったらまだ体験の出来る時 間なので、肉と野菜を使った料理をしてみようと思いました。


        ・太陽の光線で料理できるすばらしさはいろんな方々に知らせてあげたい。エコハウスのある ことすら知らない人も多いなかでエコステーション頑張ってください。みんなに呼びかけてみ たいです。何回も行ったら良い。地球温暖化の話しわかりやすいので良い。


        ・地球温暖化対策をしていかなければと思いました。 少しでも地球に やさしく♡私自身の知 識も増えたとても良い講座でした。ソーラークッカーも工作から楽しく出来、まさかこれで色々 な物(料理)が作れるとは思っても いませんでした。家に帰ってさっそく作ってみます。また エコステさんのいろいろんイベントに 参加したいと思いました。


        ・暑い暑いと嫌ってるる太陽の光で、ステキな料理を作ることを学べてとってもいい勉強になり ました。災害で水やガスが使えなくても ダンボールとアルミがあれば調理台に早変わり! 暑くて料理する気も失せているのに色んな料理を使ってみたいとやる気が出ました(笑)

         

        ・大変良かった。 日常でも災害時でも大切なこと。


        ・変有意義な時間を過ごさせて頂きました。


        ・本当に料理ができて感動しました。


        ・ソーラークッカーを子供と手作りして楽しい時間を過ごせました。地球温暖化の問題は見の がせない所まで来ているのがわかりました。 世界中で考えなければいけない事だけど自分 も生活の中で心の中にとめておかないといけないと感じました。


        ・まず美味しい講座に感謝です。改めて太陽熱(光)利用を考えました。


        ・地球温暖化は一人一人が気をつけて実行しなければ絶対できない事です。今日のソーラー クッキングは大変勉強になりました。太陽熱がこんなに強いのかと驚きです。折角習ったの だからぜひ家でいろいろチャレンジしたいと思います。又、知人にも教えて一人でも多くの人 で実行したいと思います。


        ・ダンボールで作れて、これからの防災に役立つことだと思います。環境について子どもたち と考える機会をもうけてみたいと思います。


        ・参加させていただきとても得した思いです。エコは日常生活でも取り組もんでいて、一人で悦 に入っています。


        ・エコクッカーの制作に参加して簡単に作れて手軽な上に便利ですね。毎日利用するのは? ですが、非常時には大変役立つ一品だと思います。


        ・よい機会をもらってとても楽しかったです。経験を皆に広めたいと思います。炊き込みごはんまでできるとは〜と驚きました。家でも色々作ってみたいです。

        2017.06.30 Friday

        第1回土曜環境サロンinエコハウス

        0

          「みんなでグリーンカーテン作りinエコハウス」開催しました!!

          ●日時:平成29年5月13日(土)残念ながら曇り・・。
          ●話題提供:森永 寿久(夕日寺健民自然園 園長)

           

          グリーン・エコライフの出発点は、「内」と「外」のつながり空間でもある我が家の庭(身の回りの緑化活動)から初めてみよう!
          石川県夕日寺健民自然園の森永寿久園長(造園家)より、日本の夏(高温多湿)を快適に過ごす「家」「庭」の昔ながらの工夫(簾、簀戸、庇、水打ち等)と、現代の工夫(グリーンカーテン、屋上庭園、芝棟、生垣化 等)のお話しをしていただきました。
          環境調節と機能分担の究極の庭づくり「農家の庭」「屋敷林」に学び、地域の原風景となる庭づくりは、自分の好きに美しく整然と作るのが楽しい。色んなことが出来る人になろう。生きる愉しみ。愉快に生きる!「目指せ百姓!」で締めくくられました。
          『土いじり・庭木いじり専科(せんか)ぁ。』と、ユーモアたっぷりの楽しいお話しを聞いた後、参加者全員で緑のカーテンの土作りから種植え、ネット張り、水やりまで、グリーンカーテン作りに挑戦しました。

           

          グリーン・エコライフのすすめについてのお話しから。

          外に出て土作りや種のまき方、芯止めのお話し。

           

          大人も子供達も土作りです。楽し〜。

          ネットを杭で固定。しっかりと張ります。

          数日前から種に切り目を入れ水に浸して芽を出した、朝顔とゴーヤの種をまきました。

          たっぷりと水をやります。

          完成です。成長を楽しみにしっかりと見守っていきます!

           

           

          <参加者より>
          ・森永園長の話が大変参考になりました。このグリーンカーテンがきっかけで県全体、世界全体へと縁の波が伝わってほしいです。
          ・本日は初めての参加で大変楽しく勉強になりました。風の流れとかその環境により植木等も変わるとの事。次回も参加します。
          ・楽しく過ごさせて頂きました。ガーデニングの意味、土作り種苗勉強になりました。百姓の話もよかったです。
          ・子供達といっしよに楽しくエコな庭づくりをして行きたいと思いました。子供達も土をさわれてとても楽しそうでした。ありがとうございました。
          ・庭作りのことで参考になりました。若い頃は、木の剪定や草取りなど嫌いでした。
          何故、ぼろ庭を作ったのかと思いましたが、今は庭に出て草木をながめていると心が癒されます。今日は本当にありがとうございました。
          ・楽しくお話しをしていただき、良い時間を過ごせました。肥料、土の合わせ方、種の発芽をすること。摘心は大事な仕事。最後まで成長を楽しみたいです。
          ・とても楽しくやってみようかと思えるお話や、やり方を学べありがとうございました。まずはやってみて 心の癒しを味わってみたいと思います。
          ・講師の先生の話しは、解りやすく、子供さんが喜んでいるのが良かった。
          つるのしん止めの話しが勉強になった。植物には、楽しみがあるので、再度同様な講座 を開催してほしい。
          ・身近に自然わ感じる事の出来るグリーンカーテン講習。参加し、まだまだ知らない事の多さを実感し有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。

           

           

          2017.03.07 Tuesday

          「土曜環境サロン第4回 inエコハウス」

          0

            「わら細工体験『粋なリース』作り」開催いたしました。

             


            ●日時:平成29年2月25日(土)
            ●場所:いしかわエコハウス(県民エコステーション)
            ●話題提供:和波波Quintet
            越田  秀俊(里山マイスター)
            越田 奈央子(いしかわ自然学校インストラクター)

            「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんが羽咋に来られたのをきっかけに地域活性施策で、羽咋市で農業を始めた夫婦の理想と現実のぶっちゃけトーク。「へぇー」なお話が盛りだくさんでした。今回は、わらで「おしゃれで粋なリース」を作りました。

             

             

             

            化学肥料、農薬、動物性有機肥料・堆肥を一切使わないという、自然栽培農家一年生の越田さん夫婦のお話を聞きました。初めての農業。何もかもが新鮮で、驚きとアクシデントの中でのリアルな自然栽培農家のお話し。それでも前向きに楽しんで挑戦するご夫婦の姿がとても印象的でした。所々でクイズが出題され、参加された方達も興味津々の様子。

            たくさんの質問が出ました。

             

             

            実際に使っている農機具の説明です。

             

             

            いよいよリース作りです。まずは、わらで縄をなう方法を教えてもらいます。

             

            縄がなえたら、輪っかになるように結び、リースを作ります。

             

             

             

            松ぼっくりやドングリなどで飾り付ければ完成です!

             

             

            その後、残ってカエルやカタツムリ作りに挑戦される方もいらっしゃいました。
            なかなか複雑でしたが、仕上がりに満足です。

             

             

            <参加者の感想>
            ・何もわからないまま自然農法の話を聞いたが、わかりやすく、クイズでも知らないことを興味深く聞くことができた。
            わらリース、楽しくて子どももあっという間に作ることができました!ありがとうございました。ご夫婦の仲のよさが伝わり、とても素敵でした!
            ・楽しかった。若い農家の人のご苦労がわかり、もっと若い後継者が増えれば良いと思いました。又、参加したいです。田の持っている地力がわかりました。
            ・以前から大変興味がある自然栽培の話をとてもていねいに楽しく聞けて嬉しかった。リースもとてもうまくいった。チャンスがあればまた作ってみたい。
            ・わらというなつかしい物にさわらせていただきありがとうございました。手の油がだいぶとられた様な気がします。もう少し時間が欲しい位でした。
            ・若い人の農業への前向きさが伝わって、うれしく思いました。頑張ってほしいです。わらにふれることができて、よかったです。

             

             

             

             

            2016.11.25 Friday

            〈土曜環境サロン第3回 inエコハウス〉

            0

              「身近な植物から考える自然『草木染め』」
              ●日時:平成28年11月19日(土)
              ●話題提供:蔦原 千裕 (いしかわ自然学校インストラクター)

               

              雑草ってどんなイメージのものですか?気がつくと庭や畑に繁茂してしまうもの?
              今回は、たくましく育つ雑草から色をいただき、染めものに挑戦しました。
              また、外来種についての興味深いお話もありました。

               

              「草木染め」の手順、模様のつけ方などの説明を受けます。

               

               

              まずは、手ぬぐいに模様をつけます。色を付けたくない部分に輪ゴムを巻き付けていきます。

              アイスの棒、ビー玉、ペットボトルの蓋、ラップも使って思い思いに。

              ムラにならないように水につけておきます。

              「メリケンカルカヤ」という雑草を煮出した染め液に入れて煮込みます。

               

              煮込んでいる間に、外来種についてクイズを交えた楽しいお話を聞きました。

               

              手ぬぐいをいったん取り出し、ミョウバンを水に溶かした媒染液につけます。

              だんだん色づいてきました。

              染め液に戻して、もう一度煮込みます。

               

              手ぬぐいを取り出し、輪ゴムをはずします。どんな模様になっているかな?

               

              完成です。綺麗な黄色に染め上がりました。
              皆様おつかれさまでした。

               

              <参加者の感想>
              ・初めて参加させてもらい、楽しい体験ができました。外来種の雑草で染めるって発想はなかったので、驚きでした。この場所にエコ住宅があることも初めて知り、また機会があったら参加させてもらいたいです。
              ・もっと特別なことだと思っていた“染める”ということが、とっても身近で、やってみようという気があれば家にある物で始められるのだとわかりました。
              ・とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。どんな模様が出来るかワクワクしました。ありがとうございました。
              ・草木染めは、いろんなやり方や、液、植物を変えると風合いも違っておもしろいと思いました。
              ・雑草でも、こんなにきれいな色が出たのにおどろきました。やっぱり植物はすごいと思いました。
              ・初めて草木染めをして、本当に楽しかったです。自分だけの模様ができ、ゴムをほどいた時の喜びは、何とも言えない気持ちです。外来種についても知ることができ、身近にもたくさんあることに気づきました。子ども達も、草木染めを楽しみながら、いろんな草木に目を向けていってくれると思います。とてもいい機会になりました。ありがとうございました。

               

              2016.09.27 Tuesday

              「グリーンカーテンで涼もう」エコハウスみんなでグリーンカーテン作り その後の成長記録

              0

                5月7日にみんなで種まきしたエコハウスのグリーンカーテン。その後の成長記録です。

                 

                 

                はじめは朝顔の芽(4日目)、それから少し遅れてゴーヤの芽(10日目)が出ました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 5月27日(20日目)追肥しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                6月7日(31日目)ゴーヤのツルが初めてネットに絡みました。

                 

                 

                6月18日(42日目)最長110cmまでのびましたが、花や実が沢山つくように摘心しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 6月21日(45日目)ゴーヤの花が咲きはじめました。雄花ばかり咲いています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 7月3日(57日目)朝顔も咲きはじめました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 雌花が咲きました!人工授粉を行います。雄花を取って、めしべに花粉をつけていきます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 雌花が散った後に小さいゴーヤができています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 7月13日(67日目)朝顔のツルが庇に届きました!

                 

                 

                 

                 

                 

                 大窓一面のカーテンで直射日光を遮ってくれます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 7月28日(82日目)初収穫、長さ16cm×幅6cmのゴーヤです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                次々に朝顔とゴーヤの花が咲いています。庇の上に朝顔が咲いたことも。

                 

                8月5日(90日目)黄色くなったゴーヤが4つもあったのでゴーヤチャンプルーを作り、みんなで頂きました。

                 

                 

                たくさんのゴーヤが育ちました。

                 

                破裂してしまったり、虫に食われてしまったこともありました。

                 

                 

                9月27日(143日目)グリーンカーテンを取り外しました。

                今年の収穫はゴーヤ56個・白ゴーヤ4個の計60個でした!

                 

                 

                 

                2016.08.23 Tuesday

                土曜環境サロン第2回inエコハウス

                0

                  「エネルギーの不思議?!『炭電池』」考えてみよう未来の地球と私たちのくらし

                   

                  ●日時:平成28年8月20日(土)
                  ●話題提供:橋本 忠(石川県地球温暖化防止活動推進員、IPCCリポートコミュニケーター)

                  備長炭を使った「炭電池」作りを通して、環境、エネルギーの不思議を体験。
                  CO2(二酸化炭素)を出さない、減らす、温暖化に備えるために私たちには何が出来るかを考えました。

                   

                   

                  地球温暖化の原因や影響、それに対して何ができるのかを学びました。

                   

                  いよいよ炭電池作りです。食塩水を作り、キッチンペーパーを濡らします。

                   

                  備長炭にキッチンペーパー、アルミホイルの順に巻き付けます。

                   

                  橋本さん特製LEDを装着して完成です。点灯しました!

                  その他エネルギーの不思議実験を体験しました。

                   

                   

                  <参加者の感想>
                  ・炭電池とはどういうものか全くわかりませんでしたが、勉強になりました。家に帰り自慢げに話ししてみます。色んな素材で発電できる事にビックリです。
                  ・「炭電池」作りは大変楽しくおもしろかった。炭の長さと食塩水濃度を変えてみて自宅で試してみたい。
                  ・炭+キッチンペーパー+アルミホイル+塩水(20%)でLEDランプが灯った。不思議な現象を体験しました。
                  ・お子さんといっしょの組だったから実験などもより深く確かめることが出来、さらに楽しさも倍増されました。講義の方も数字で表現してくださったのでよかったです。ありがとうございました。
                  ・炭と塩水とキッチンペーパーとアルミホイルで電池ができることは知ってはいたけど、実際に作ったことはなかったので、やってみたら楽しかった。以前にIPCCの第5次報告書については学んではいたけれど、CO2の累積排出量についてはよくわからなかった(その時のテキストの誤植?)ので、今回正しい説明が聞けてよかった。
                  ・今日は、講義・実技を通して、世界または日本の実情から自分の生活までエコのことについて考えることができました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  2016.05.08 Sunday

                  <土曜環境サロン第1回inエコハウス>

                  0

                    「グリーンカーテンで涼もう」エコハウスみんなでグリーンカーテン作り

                     

                    ●日時:平成28年5月7日(土)
                    ●話題提供:松枝 章

                     

                    グリーンカーテン作りのマメ知識満載!!
                    植物の管理を通して、植物・昆虫・鳥等の様々な生物との関係、人との関わりについてお話を聞き、みんなでグリーンカーテン作りに挑戦しました。

                     

                     

                    地球温暖化によって自然や生き物たちはどうなるのか?
                    石川県地球温暖化防止活動推進員で樹木医でもある松枝 章さんからお話を聞きました。

                     

                    外に出て、いよいよグリーンカーテン作りです。まず手順の説明を受けます。

                     

                    混合土を作ります。

                    土をプランターに運び入れます。

                     

                    朝顔とゴーヤの種をまきます。

                     

                     ネットをはって、しっかりと固定します。

                     

                    参加者から、たくさんの質問が出ました。

                     

                    最後に、雨水利用タンクの水で水やりをして、完成です。おつかれさまでした!

                    成長が楽しみです。

                     

                    <参加者の感想>
                    ・思っていたより温暖化が進んでいる事がクロユリ等の話を聞いて知る事が出来、おどろきました。節電など自分の周りで出来る事を心掛けていきたいと思います。
                    ・グリーンカーテンだけでなく植物の育て方、全てに通じる話が聞けてとても役に立ちました。松枝さんのお話が楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。ありがとうございました。
                    ・グリーンカーテンは何度も挑戦して失敗してきましたが、どういう注意が必要なのか、どういう風にすれば強く丈夫に育てられるのか解り良かったです。今年は頑張って育てます!!
                    ・今年は涼しく生活できるかな…?と期待して…。少しは環境に協力していけたら嬉しいです。ありがとうございました。また参加したいと思います。
                    ・なぜグリーンカーテンか、緑の大切さを順序よく教えていただいた。ただホームセンターで苗や種を買って植えるより、やる気(使命感)が出てきました。
                    ・松枝さんのお話もとてもおもしろくダジャレで心をつかんで、生き物のこともたくさん教えてもらえたので、来られてよかったです。種をカットする、網のはり方や土の処置もわかりやすかったです。ありがとうございました。
                    ・地球温暖化の話はわかりやすく耳にすぐ入りました。グリーンカーテンの作り方で土の種類を見せてもらい、ためになりました。
                    ・昨年、朝夕、毎日アサガオの水やりをしていたのですが、そうしなくても育つことを知り、うまくいかなかったの理由の1つかと気付き納得の一言でした。
                    ・プランターで花や野菜を植えてます。色々わからない事が多かったのですが、少しは花や野菜にいい環境で植える事が出来そうです。今後はもっと興味持って花を育てようと思います。

                     

                    2015.10.16 Friday

                    <土曜環境サロン第2回inエコハウス>

                    0
                      「ポリ袋クッキング」エコにも防災にも役立つ!ポリ袋調理法
                      ●日時:平成27年9月12日(土)
                      ●話題提供:橋本 良子(石川県栄養士会 食育グループ管理栄養士会)

                      最小限の水で作る簡単で栄養満点のレシピを実習致しました。
                      時間が無い時、一人暮らし、アウトドアでも力を発揮します。
                      参加者の皆さんも目からウロコの調理体験でした。

                       
                       
                      災害など予期せぬ事態に遭遇した時、与えられた条件の中でどのように対処したら良いのか、
                      またポリ袋クッキングは最小限の水で作れる、一つの鍋で多種調理等、エコに繋がるお話しです。
                       

                      特別な器具は使わず火を起こすための道具と水、鍋、ポリ袋で温かい食事が出来ます。
                      ポリ袋に材料、調味料、水を入れ調理実習開始です。

                       
                      材料を入れたポリ袋を、水に浸して端から引き上げ真空状態にします。
                      口をしっかりと結び、下準備完了です。鍋に投入し加熱、出来上がりを待つのみです。

                       
                      いもようかん。加熱調理したポリ袋ごと少しつぶして、そのまま型に入れます。
                      ポリ袋の上から少量の水を流し入れて冷やし固めます。

                       
                      料理の仕上がりを待つ間に、新聞紙で簡単に出来る器や、スリッパの作り方を習います。
                       
                       
                      混ぜご飯、白米、ひじきと豆の煮込み、いもようかん。完成です。
                      皆さんで試食して、感想を話し合いました。

                      <参加者の感想>
                      ・ポリ袋であんなに簡単にごはんが出来てビックリ。ちょうど離乳食をはじめる時期なのでおかゆを作りたい。
                      ・毎日の生活にとり入れたいと思っています。おかゆを作る時に本当に便利なのでぜひ作ってみたいと思っています。今日、本当に勉強になりました。
                      ・土曜サロンははじめて参加しました。ポリ袋クッキング調理法はとても参考になりました。新聞紙で作るスリッパもいろんな場面で使えると思いました。今後も土曜サロンがあれば参加したいと思います。
                      ・早速実践したいようなアイデア満載でした。ポリ袋の種類を選ぶと思っていましたが、安価で手軽なアイラップでOKということで安心しました。
                      ・真空調理ならではということを実感させていただきました。災害だけでなく1人暮らしの方が1食分のごはんやおかずをつくるのにもとても良いと思いました。何かあった時1人ではなくみんなであれこれアイディアを出して作ると気持ちもまぎれ元気も出てくると思いました。1人でも多くの人が知って講師の方だけでなくみんなが広めていけたら良いと思います。