2016.09.02 Friday

「いしかわ環境フェア2016」開催報告

0

     8月27日(土)、28日(日)の2日間、「スマートコミュニティとエコなくらし」をテーマに開催いたしました。

     また、「いしかわ近未来の環境技術展2016」及び「いしかわの里山里海展2016」も同時開催され、皆さまのおかげをもちまして盛況のうちに終了することができました。

     

    来場者は、27日12,500人、28日14,500人、合計27,000人でした。
    大勢の方々にご来場いただきまして誠にありがとうございました。

    2016.08.23 Tuesday

    土曜環境サロン第2回inエコハウス

    0

      「エネルギーの不思議?!『炭電池』」考えてみよう未来の地球と私たちのくらし

       

      ●日時:平成28年8月20日(土)
      ●話題提供:橋本 忠(石川県地球温暖化防止活動推進員、IPCCリポートコミュニケーター)

      備長炭を使った「炭電池」作りを通して、環境、エネルギーの不思議を体験。
      CO2(二酸化炭素)を出さない、減らす、温暖化に備えるために私たちには何が出来るかを考えました。

       

       

      地球温暖化の原因や影響、それに対して何ができるのかを学びました。

       

      いよいよ炭電池作りです。食塩水を作り、キッチンペーパーを濡らします。

       

      備長炭にキッチンペーパー、アルミホイルの順に巻き付けます。

       

      橋本さん特製LEDを装着して完成です。点灯しました!

      その他エネルギーの不思議実験を体験しました。

       

       

      <参加者の感想>
      ・炭電池とはどういうものか全くわかりませんでしたが、勉強になりました。家に帰り自慢げに話ししてみます。色んな素材で発電できる事にビックリです。
      ・「炭電池」作りは大変楽しくおもしろかった。炭の長さと食塩水濃度を変えてみて自宅で試してみたい。
      ・炭+キッチンペーパー+アルミホイル+塩水(20%)でLEDランプが灯った。不思議な現象を体験しました。
      ・お子さんといっしょの組だったから実験などもより深く確かめることが出来、さらに楽しさも倍増されました。講義の方も数字で表現してくださったのでよかったです。ありがとうございました。
      ・炭と塩水とキッチンペーパーとアルミホイルで電池ができることは知ってはいたけど、実際に作ったことはなかったので、やってみたら楽しかった。以前にIPCCの第5次報告書については学んではいたけれど、CO2の累積排出量についてはよくわからなかった(その時のテキストの誤植?)ので、今回正しい説明が聞けてよかった。
      ・今日は、講義・実技を通して、世界または日本の実情から自分の生活までエコのことについて考えることができました。

       

       

       

       

       

      2016.07.14 Thursday

      いしかわ環境フェア2016・いしかわの里山里海展2016 案内チラシ

      0

        いしかわ環境フェア2016・いしかわの里山里海展2016 (PDF)

        2016.07.06 Wednesday

        「いしかわ環境フェア20 16 」出展者説明会のご案内

        0

           

          ◇名 称/「いしかわ環境フェア2016」出展者説明会

          ◇日 時/平成28年7月27日(水) 午前10時より12時頃まで

          ◇会 場/石川県地場産業振興センター・本館3階 第5研修室(金沢市鞍月2丁目1番地)

           

           

          「いしかわ環境フェア20 16 」出展者説明会のご案内(PDF)

          ※7月22日(金)までに返信してください。

           

          2016.05.17 Tuesday

          いしかわ環境フェア2016出展募集案内

          0

            2016年度いしかわ環境フェア出展募集案内掲載いたしました。
            2016.05.08 Sunday

            <土曜環境サロン第1回inエコハウス>

            0

              「グリーンカーテンで涼もう」エコハウスみんなでグリーンカーテン作り

               

              ●日時:平成28年5月7日(土)
              ●話題提供:松枝 章

               

              グリーンカーテン作りのマメ知識満載!!
              植物の管理を通して、植物・昆虫・鳥等の様々な生物との関係、人との関わりについてお話を聞き、みんなでグリーンカーテン作りに挑戦しました。

               

               

              地球温暖化によって自然や生き物たちはどうなるのか?
              石川県地球温暖化防止活動推進員で樹木医でもある松枝 章さんからお話を聞きました。

               

              外に出て、いよいよグリーンカーテン作りです。まず手順の説明を受けます。

               

              混合土を作ります。

              土をプランターに運び入れます。

               

              朝顔とゴーヤの種をまきます。

               

               ネットをはって、しっかりと固定します。

               

              参加者から、たくさんの質問が出ました。

               

              最後に、雨水利用タンクの水で水やりをして、完成です。おつかれさまでした!

              成長が楽しみです。

               

              <参加者の感想>
              ・思っていたより温暖化が進んでいる事がクロユリ等の話を聞いて知る事が出来、おどろきました。節電など自分の周りで出来る事を心掛けていきたいと思います。
              ・グリーンカーテンだけでなく植物の育て方、全てに通じる話が聞けてとても役に立ちました。松枝さんのお話が楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。ありがとうございました。
              ・グリーンカーテンは何度も挑戦して失敗してきましたが、どういう注意が必要なのか、どういう風にすれば強く丈夫に育てられるのか解り良かったです。今年は頑張って育てます!!
              ・今年は涼しく生活できるかな…?と期待して…。少しは環境に協力していけたら嬉しいです。ありがとうございました。また参加したいと思います。
              ・なぜグリーンカーテンか、緑の大切さを順序よく教えていただいた。ただホームセンターで苗や種を買って植えるより、やる気(使命感)が出てきました。
              ・松枝さんのお話もとてもおもしろくダジャレで心をつかんで、生き物のこともたくさん教えてもらえたので、来られてよかったです。種をカットする、網のはり方や土の処置もわかりやすかったです。ありがとうございました。
              ・地球温暖化の話はわかりやすく耳にすぐ入りました。グリーンカーテンの作り方で土の種類を見せてもらい、ためになりました。
              ・昨年、朝夕、毎日アサガオの水やりをしていたのですが、そうしなくても育つことを知り、うまくいかなかったの理由の1つかと気付き納得の一言でした。
              ・プランターで花や野菜を植えてます。色々わからない事が多かったのですが、少しは花や野菜にいい環境で植える事が出来そうです。今後はもっと興味持って花を育てようと思います。

               

              2016.04.07 Thursday

              いしかわ環境フェア2016等開催業務委託企画提案の募集

              0
                いしかわ環境フェア2016等開催業務委託企画提案の募集 

                企画提案書を募集いたします。
                2015.10.21 Wednesday

                「平成27年度 第1回エコクッキング講座」開催報告

                0
                  「エコクッキング講座」開催しました。
                  ●日時:平成27年10月19日(月)
                  ●場所:農村環境改善センター(輪島市里町32字36番地)
                  ●講師:大路 清子(石川県エコクッキングアドバイザー)
                   
                  エコクッキングとは・・。
                  ゴミを出さないようにするだけでなく、食材の選び方と買い物から調理方法
                  後片付けまで、環境への負担を少なくする事を、学びました。

                   
                  いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!
                   
                  地産地消。旬の野菜で揚げ浸しを作ります。
                   
                   
                  金時草の茎は斜めに細く切り、きんぴらにします。しいたけの石づきも細く切り、炒め煮にします。

                  金時草のちらし寿司。金時草のゆで汁、絞り汁、昆布、酒、すし酢を入れてご飯を炊きます。
                  炊き上がりに、金時草と、金時草茎のきんぴらを混ぜ、寿司飯を作ります。
                  うっすらと綺麗な紫色になりました。


                   
                  豆腐3色だんご。白玉粉・豆腐をよくこねて、カボチャ・抹茶にて色を付け、3色作りました。

                  ヤブカンゾウの酢味噌和え。ワケギのような食感です。

                  すまし汁で残った金糸瓜とゆで卵で、急遽サラダを作りました。
                   
                  完成です。本日のメニューは・・・
                  金時草のちらし寿司、秋野菜の揚げ浸し、金糸瓜のすまし汁、ヤブカンゾウの酢味噌和え、
                  豆腐3食だんご、金糸瓜のサラダ、地元野菜の漬け物
                  (参加者の方が持参して下さいました。地元の家庭のお味です)


                  エコクッキングを実習してみて、気付いたこと、今後出来ることなどを和気あいあいと語り合いながら、試食です。普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、
                  楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。皆様、大変お疲れ様でした。

                  <参加者の感想>
                  ・来て良かった。おいしくいただきました。
                  ・料理は、身近に有るのに・・。大変勉強になりました。
                  ・豚肉の煮汁を利用したスープは、初めて気付きました。
                  ・金時草のゆで汁でちらしご飯を炊く事!とても美味しくしっとりと、びっくりしました。
                  ・捨てていた金時草の茎を使えるとは思いませんでした。
                  ・参考になりました。改めてエコに興味もちました。頑張ろうと思います。
                  ・機会があればまた参加したいです。

                                      
                  2015.10.16 Friday

                  <土曜環境サロン第2回inエコハウス>

                  0
                    「ポリ袋クッキング」エコにも防災にも役立つ!ポリ袋調理法
                    ●日時:平成27年9月12日(土)
                    ●話題提供:橋本 良子(石川県栄養士会 食育グループ管理栄養士会)

                    最小限の水で作る簡単で栄養満点のレシピを実習致しました。
                    時間が無い時、一人暮らし、アウトドアでも力を発揮します。
                    参加者の皆さんも目からウロコの調理体験でした。

                     
                     
                    災害など予期せぬ事態に遭遇した時、与えられた条件の中でどのように対処したら良いのか、
                    またポリ袋クッキングは最小限の水で作れる、一つの鍋で多種調理等、エコに繋がるお話しです。
                     

                    特別な器具は使わず火を起こすための道具と水、鍋、ポリ袋で温かい食事が出来ます。
                    ポリ袋に材料、調味料、水を入れ調理実習開始です。

                     
                    材料を入れたポリ袋を、水に浸して端から引き上げ真空状態にします。
                    口をしっかりと結び、下準備完了です。鍋に投入し加熱、出来上がりを待つのみです。

                     
                    いもようかん。加熱調理したポリ袋ごと少しつぶして、そのまま型に入れます。
                    ポリ袋の上から少量の水を流し入れて冷やし固めます。

                     
                    料理の仕上がりを待つ間に、新聞紙で簡単に出来る器や、スリッパの作り方を習います。
                     
                     
                    混ぜご飯、白米、ひじきと豆の煮込み、いもようかん。完成です。
                    皆さんで試食して、感想を話し合いました。

                    <参加者の感想>
                    ・ポリ袋であんなに簡単にごはんが出来てビックリ。ちょうど離乳食をはじめる時期なのでおかゆを作りたい。
                    ・毎日の生活にとり入れたいと思っています。おかゆを作る時に本当に便利なのでぜひ作ってみたいと思っています。今日、本当に勉強になりました。
                    ・土曜サロンははじめて参加しました。ポリ袋クッキング調理法はとても参考になりました。新聞紙で作るスリッパもいろんな場面で使えると思いました。今後も土曜サロンがあれば参加したいと思います。
                    ・早速実践したいようなアイデア満載でした。ポリ袋の種類を選ぶと思っていましたが、安価で手軽なアイラップでOKということで安心しました。
                    ・真空調理ならではということを実感させていただきました。災害だけでなく1人暮らしの方が1食分のごはんやおかずをつくるのにもとても良いと思いました。何かあった時1人ではなくみんなであれこれアイディアを出して作ると気持ちもまぎれ元気も出てくると思いました。1人でも多くの人が知って講師の方だけでなくみんなが広めていけたら良いと思います。
                    2015.09.02 Wednesday

                    「いしかわ環境フェア2015」開催報告

                    0
                      8月22日(土)、23日(日)の2日間、「スマートコミュニティとエコなくらし」をテーマに開催いたしました。
                      また、「いしかわ近未来の環境技術展2015」及び「いしかわの里山里海展2015」も同時開催され、
                      皆さまのおかげをもちまして盛況のうちに終了することができました。
                       
                      来場者は、22日12,000人、23日14,300人、合計26,300人でした。
                      大勢の方々にご来場いただきまして誠にありがとうございました。